湘南の介護付有料老人ホーム

オーシャンプロムナード湘南

お問合せ・資料のご請求

【ギャラリー展示】
「心象風景の世界」展示作品のご紹介

2020年03月23日

2020年2月10日より開催中のギャラリー展示、絵画・版画・詩展「心象風景の世界」by ことり。2月22日より、ホームとして新型コロナウイルスへの感染予防対策を強化させていただいており、一般の方のご来館をご遠慮いただいているほか、ギャラリーのお客様にもお越しいただけない状況が続いています。

今回は、本展覧会にて展示中の作品の一部をご紹介します。絵画や版画だけでなく、詩にもこだわりをお持ちのことりさん。そんな彼女の「心象風景の世界」をお楽しみください(作品画像はクリックで拡大表示されます)。

 

【飛んでいけるんだ!】(絵画と詩)

「比較は不幸を招くんだよ」

先生が言ったんだよ。


私は10階から外の景色に向かって言いました。

「比較は不幸を招くんだ」


しかも、もう、先生に教わったことを人に伝えていいんだって。

すごいわ。
どういうことかしら。

世の中はおかしな言葉であふれかえってる。


「だめな人、できない人」 
「遅い」 
「そんなこともわからないの」 


こういうものはもう、消えた方がいい。
ほかにもいっぱいいっぱい捨てた方がいい。
世の中はひっくり返った方がいい。

私にはとても大きな翼が背中についている。

素敵な翼。

ふさふさだよ。

みんなが応援してくれるメッセージの羽でいっぱいなの。

今も空を飛べるんだ。

きっと、もっともっとこれから翼がいっぱいつくんだ。

そうしたら、

泣いている人に分けて、さしてあげて、


ここから、一緒に飛んでいけるんだ!


【輝き】(絵画と詩)

なんの気なしに、写真を撮ってもらったら、
自分が輝いているじゃないか。

輝く、という奇跡。

どんなに心にふたをしても、
ふたで押さえつけ、押さえつけ、

何年、何十年そうしたとしても

絶対にそれに負けないもの。

めげることのない強さ。


人間って輝いていたいんだ、

輝きたいんだ、

輝きたかったんだ!

 

【カノンⅡ】(絵画)

 

【ララル ルルラン】(絵画)

 

【大切な失敗】(詩)

「失敗」という言葉の意味すること。

「失い、敗れる。」と書くけど、
そこに可能性があって素敵だってこと。
 
恥のように思えて、
誠実に向き合おうとしなかったり、
ごみ箱に捨てようとしたり。



それが、私の失敗だった。
大切な失敗が失敗のまま。


今、たくさん、目の前にあるよ。

 

【弱さと強さ】(詩)

だって自分は一人だ、

一人ぽっちなんだ。

結局は何もできないんだ。

きゅうにさみしい気もちがおそってきた。

 

・・そうだ、明日は職場に行くんだった。
何を言われるかわからない。

この上ない緊張感がやってきた・・

 

でも、立ってみたら、

私の背中にはバサバサとした大きな翼がついていて、
しっかりと前へ歩けたんだ。

それはたくさんの羽でできていて、
私を応援してくれるメッセージでいっぱいだった。

 

・・そうかぁ・・

体は一人分だけど、本当のところ、そうでもないんだなぁ。

 

『私の背中には翼がある』

 

まやかしの権力がうごめいている。

もう、その権力にひれ伏して泣くことはないし、

おじけづくこともない。

 

まやかしの権力が私におそいかかっても、
私は少し動じるけど、でも怖くはない。


まともそうにみえるおかしな考え、強そうにみえる言葉。

それを振り払う力が私の翼にはあるぞ。

 

私は弱い。

けど、強い。

 

——

以上、絵画と詩のミックス、絵画、詩を2点ずつご紹介させていただきました。

感染予防対策強化により、ご入居者様は外出や面会を自粛され、不自由な日々を過ごされています。そのようなご入居者様の気持ちを、ことりさんの優しさあふれる作品が包み込んでくれているように感じました。皆様、絵画や版画に親しまれ、詩を熱心に読んでおられる姿が印象的でした。

現在の状況が収束し、一般のお客様にもギャラリーにお越しいただける日が一日も早く訪れることを願っています。

ホーム感染予防対策についての情報は、ホームページ冒頭などにてご案内させていただいております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索
アーカイブ