湘南の介護付有料老人ホーム

オーシャンプロムナード湘南

お問合せ・資料のご請求

館内ギャラリー これまでの展示

  • 公開終了: 2019年12月28日 2020年02月08日
    アーティスト: 市毛誠二 , 福永洋一
    カテゴリー: 木彫(市毛誠二)・陶芸(福永洋一)
    関連ページ: 告知動画
    【展示概要】
    市毛誠二(木彫)と福永洋一(陶芸)による二人展。おのおのの作品の素晴らしさもさることながら、両者の調和も見所のひとつです。

    【市毛誠二(いちげせいじ)・プロフィール】1957年鎌倉市生まれ、調布市在住。1976年より木彫家・石井大幹氏に師事、太平洋美術学校で彫塑(ちょうそ)を学ぶ。 1995年より仏教美術協会に所属し、2014年まで日本橋三越にて同会彫刻展に出品。現在は仏像を中心に人物・動物などの木彫を制作している。

    【福永洋一(ふくながよういち)・プロフィール】1934年横浜市生まれ、茅ヶ崎市在住。1971年~1979年にかけ、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ・1558~1637)の14代目・本阿弥光仙(ほんあみこうせん)より教えを受けて陶器の制作を開始。1994年にテレビ局を定年退職後、TOTO・ドロノワ倶楽部に所属し、陶器の制作を行う。正倉院収蔵の陶芸作品に影響を受けた作風が持ち味。テレビ局鳩友会、カメラクラブ所属。
  • 公開終了: 2019年11月17日 2019年12月26日
    アーティスト: 髙松ひとみ
    カテゴリー: 和紙ちぎり絵展
    関連ページ: 告知動画
    【展示概要】
    三十数年前、髙松さんが旅先で出会ったシルクロードのウイグル族の子どもたちや、身近な子どもたちのもつ豊かな表情。それらが和紙ならではの風合いを生かしたちぎり絵で表現されています。そこには「未来を担う子どもたちの笑顔が曇ることのない世界であるように」という同氏の願いが込められています。

    【髙松ひとみ・プロフィール】
    1959年岡山県津山市出身。
    1982年大阪芸術大学映像計画学科卒業。
    和紙を用いて人物などを表現する他、和紙雑貨も制作。
    「全国和紙ちぎり絵展」優秀賞(2000年)、北日本新聞社賞(2005年)。著書に絵本「にてるかな?にているよ!」(2007年・すずき出版)がある。
  • 公開終了: 2019年09月05日 2019年11月14日
    アーティスト: 福永洋一
    カテゴリー: 写真展
    関連ページ: 告知動画
    【展示概要】
    1964年東京オリンピック江の島ヨット大会における写真を多数展示。競技だけでなく、龍口寺前聖火リレーなど、周辺の様子を捉えた写真も展示予定。当時を懐かしむと同時に、2020年東京オリンピック・江の島セーリング競技大会につながる写真展です。鈴木三男氏のえんぴつ画展「江ノ電の四季 その2」と同時開催。

    【福永洋一(ふくながよういち)・プロフィール】 1934年横浜市生まれ、茅ヶ崎市在住。1994年にテレビ局を定年退職後、テレビ局鳩友会、カメラクラブ所属。現在はクラブ写真展への出品を行っている。趣味は陶芸やタイル画など。 2019年12月28日(土)より、木彫作家・市毛誠二氏とのコラボレーション企画で陶芸作品をオーシャンプロムナード湘南ギャラリーにて展示予定。
  • 公開終了: 2019年09月05日 2019年11月14日
    アーティスト: 鈴木三男
    カテゴリー: えんぴつ画展
    関連ページ: 告知動画
    【展示概要】
    「江ノ電のある」心和む情景の数々を、えんぴつならではのタッチで表現。2018年2月~4月にわたり開催され、多数の方々にご来場いただいた「江ノ電の四季」第2弾です。福永洋一氏のアーカイブ写真展「1964・東京オリンピック江の島ヨット大会」と同時開催。

    【鈴木三男(すずきみつお)・プロフィール】 1933年東京都江東区深川生まれ。二十歳より独学でデッサンを学び、日本テレビ勤務の傍ら創作活動を続ける。同テレビ局勤務時、鎌倉が舞台のテレビドラマ「俺たちの朝(昭和51年・勝野洋主演)」の取材で江ノ電に出会い、その虜に。定年後はそれまでの創作活動を生かし、湘南を中心としたえんぴつ画を描き続けている。
  • 公開終了: 2019年08月12日 2019年09月03日
    アーティスト: Aya Petite(アヤ・ペティート)
    カテゴリー: 写真展
    関連ページ: 告知動画
    【Aya Petite(アヤ・ペティート)・プロフィール】
    写真家。神奈川県鎌倉市出身。1983年、アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれる。
    湘南とバリ島の景色を中心に「心が動く瞬間」をテーマとして撮影。
    2018年より江ノ島展望台で開催されるアートイベント「MADE IN ENOSHIMA」に参加。その他個展、企画展、イベント撮影、人物撮影などにおいて幅広く活躍中。